FC2ブログ

リルトの練習日記

シンフォニック・アンサンブル・リルトの練習日記です

練習日記 10月13日(土)

こんにちは(^^)
クラリネットの雅子です(^^)

めっきり秋ですね~
秋めいてますね~
西田ひかるも歌い出すほどに秋めいてますね~
秋めいて~♪秋めいて~♪秋めいて~♪

というわけで、わたくし、秋晴れのこの日、高校野球の北信越大会をふらりと観戦して参りました。
スポーツの秋です。
高校野球の大会では、係員の高校球児達が

「こんちゃス!」

と元気なあいさつでお出迎えしてくれます。
誰にでも分け隔てなく

「こんちゃス!」

してくれます。
まもなくアラフォーの独身女性にも

「こんちゃス!」

してくれます。
高校球児は優しいです。
一説によると、「高校球児の「こんちゃス!」は医者要らず」とも言われており、免疫力アップ、むくみ防止、お通じの改善、お肌のターンオーバーの促進、脳の活性化等の効果が期待できるとも言われていますし、できないとも言われています。
(※諸説あります。)

そして帰り道、○ーソンのおでんが70円セールでさらに3割引になっていたので、しこたま買い、食欲の秋。

そして最後は、芸術の秋!
リルトの練習です。
本日もT村先生の熱心なご指導のもと、基礎合奏から始まり、オータムコンサート1部の曲と、楽器紹介の曲を練習しました。

「曲を演奏する」ということは、「作品をつくる」ということと全く同じなのだと、この頃感じています。
まず、どんな作品をつくり上げたいのか、完成図を想像します。
そして、そのためにはどんなパーツが必要なのか、つまり、どんな音が必要なのかを考え、理解する必要があります。
いつ、どんな形の、どんな大きさの、どんな強さの、どんな色の音が必要なのか。
そして、その音を各自が楽器を通して生み出し、それらを組み合わせたものが、ひとつの曲になるのだなぁ、と、この頃、そういうふうに思います。
現在、我々の指導をしてくださっているT村先生は、先に述べた「完成図」と「どんなパーツ(音)が必要なのか」ということを、とてもわかりやすく、言葉にして伝えてくださいます。
例えば、連符ひとつにしても、「さらってください」ではなく、「滑舌よくしましょう」という指示だと、なるほど!と思います。
目指すものは、指が回ることではなく、その先にあるのです。
しかしなかなか、先生が言葉で伝えてくださる音を楽器を通して表現するということが難しく…
こればっかりは、奏者の努力次第なので、ひとつでも理想の音を表現できるよう、基礎からコツコツと磨いていきたいと思います。
そんなふうに、日々とても楽しく、有意義な練習をさせていただいております。
このブログを読んで入団を迷っているあなたもぜひ!
来たれ!魁!T村塾!

さて、本日の合奏で、「あれ…?何?この不思議な安心感は…?」と団員の皆様は感じたことでしょう。
そうなのです。
なんとなんと、T村先生が、木管低音の使者、キュア・バリサクとキュア・ファゴットのお二人を見学に連れてきてくださったのですよ…!
へっぽこバスクラの私ではビールケース程度の安定感しかなかったものが、お二人が加わることで○ナバ物置に…!
100人乗っても大丈夫!
そしてそしてさらにうれしいことに、キュア・バリサクのSさんはご入団してくださることになりましたー!
ヤッピー!
やっと逢えたね!(©️辻仁成)

そんなこんなで、ふたりはプリキュアWithショッカー的な、バリサク・ファゴット・バスクラの木低オールスター感謝祭的な、そんな感じでお送りしますシンフォニック・アンサンブル・リルトのオータムコンサートは、

*************************************

2018年11月24日(土)
江南区文化会館 音楽演劇ホール
13:30開場
14:00開演

*************************************

となっております。
そしてなんと!
入場無料なのです!
入場無料なのです!
入場無料なのです!
大事なことなので3回言いました。

小さなお子様も大歓迎!
老若男女大歓迎!
刮目せよ!

皆様のご来場を、団員一同心よりお待ちしております(^^)


追伸:
冒頭で紹介した西田ひかるさんのヒット曲は、「秋めいて」ではなく正しくは「ときめいて」です。
お詫びして訂正いたします。
20181017191331494.jpeg

スポンサーサイト

PageTop

練習日記 10月6日

オーボエのABです!
1年半ほどお休みしていたので久しぶりのブログです(^^)

久しぶりに練習に行っても温かく迎えてくれて、リルトはみんな優しいです(;_;)
そして団員がたくさん増えていてびっくり嬉しいです!

この日はオータムコンサートの1部の曲を練習しました。

T先生も来ていただきました♪
先生のご指導とても楽しく、新しい発見もたくさんあります!
ありがとうございます!

本番が迫って来ていますが、良い演奏会になるよう練習していきたいと思います(*^^*)

PageTop

練習日記 9月8日

すっかり涼しくなりましてこんにちは。超寒がりのサックスパートHRSです。

本日はとぅーまさんの指揮でオータムコンサート練習です。
まだまだ譜読みの段階ですがそんなこと言っていられません。もう3ヶ月きりましたよ!

今回の選曲はリルト歴○○年になもなる私にとって遠い目で楽譜を見つめたくなる懐かしい曲がチラホラ。年忘れニッポンの歌並に懐かしいです。
メンバーが代わってもいつも素敵なリルトサウンドが奏でられるといいな、と思いまた遠い目(お気持ち)。

そして以前は難儀したあの曲も今ならきっともっと吹けるはず...( ゚д゚)/ 頑張ります!
20180915113050e1f.jpeg

PageTop

2018 コンクール

こんにちは。広報のaskです!

先日の8月5日、上越文化会館にて吹奏楽コンクール新潟県大会が行われ、私達リルトも出場してきました!

出番が2番ということで、朝早くから山潟会館にてまずは音出し兼練習!!…やっぱり朝は音が鳴らない…学生時代はあまり感じませんでしたが、日頃から音出してるわけではないので、余計そう感じてしまいました(>_<)
しかし、そんなことを言ってる暇はありません!刻一刻とその時が迫ってきています!
音出しと気になる点をいくつか確認しました。

その後、バスに乗って上越まで移動!

上越に到着すると、周りにはたくさんの人!出場する方からお客さん、スタッフの学生さんなどなど…だんだん緊張が高まってきました…
そして音出しと最後の確認を行うためにチューニング室へ。すると隣の部屋からも他団体さんの練習している音が聞こえてきました。どの楽団もこの日、本番のたった数分のためにかなりの時間をかけてきてるわけで…そう考えると、「よし!私達も頑張ろう!!」と改めて思えました。

本番は本当にあっという間で、あまり記憶にありません…
でも演奏後クラリネット良かったよ(私がクラ担当なもので)と声をかけて頂けて、本当に嬉しかったです!


しかし、結果は残念ながら『銅賞』でした。
T先生の初陣、このような結果になってしまったことが本当に申し訳ないのと悔しいのとで…かなり辛くなりました。
ですが講評を後で読むと、あーそうだよなぁ、と思う所がたくさんありました。細かい所、合わせていく必要があるなぁ、とつくづく感じました。今後の課題はたくさんです!
今年のコンクールの結果を無駄にせず、また前を向いて、お客さんにステキな演奏を聴いて頂けるように、頑張って行きたいと思います!一番近くだと11月のオータムコンサートになりますね♪


最後になりますが、朝から場所を貸して下さった山潟会館さん、楽器を貸して下さった五泉市吹さん、楽器運搬などにご協力頂いた皆さん、本当にありがとうございました。

PageTop

練習日記 8月4日

今日のブログ担当は、ホルンパートです!
さて。今日は8月4日。
そうです。明日が大会本番です‼︎
ここまで、長かったような、短かったような、、、
でも、これだけ時間をかけてじっくり曲と向き合うのは、やはり大会ならではなので、個人的に不安もありますが今まで頑張ってきたものが出せたらいいなと思います。

今回もホルンパートには、強力なお手伝いの皆さんに来て頂いています♪
明日はどうぞ宜しくお願いしますm(_ _)m

写真は、今回初めてお手伝いして頂いたお二人と。
20180805211623455.jpeg

PageTop