リルトの練習日記

シンフォニック・アンサンブル・リルトの練習日記です

依頼演奏:11月20日(月)


こんにちは!St.Bassのkonです。

今日(2017/11/20)は、アンサンブル演奏で
江南区教育相談室さんにおじゃましました。

Cl 2名と私の三重奏と、相談室の先生のピアノとの合奏を披露しました。私自身、アンサンブルは『初』なので、お誘いを頂いた時は感動ーーー!…しかし上手く出来るかの不安もありました。

…が、いざ本番になったら(演奏はうむむでしたが(笑))、諸先生方を始め、生徒さん達と親御さん方に暖かく迎えて頂き、たくさんの拍手も頂戴して、逆に私達が、ステキな気持ちにさせていただきました!

曲は
いつも何度でも
渡る世間は鬼ばかり
手紙
サンタが街にやってくる
花は咲く
…etc.

スポンサーサイト

PageTop

2017年コンクール

広報のMIです。
8月6日は、新潟テルサにて吹奏楽コンクール新潟県大会が開催されました。
リルトは今年も参加させていただきました。

まず、朝から管弦は山潟会館様をお借りして最後の調整。

6_201709051904560b3.jpg

打楽器は別場所にて調整。

とりあえず基礎練習と曲を吹きまして。
早めのお昼休憩をとりました。
…あれ?いつもと違う人がジャンプタイム(笑)
1_20170905190448769.jpg


リラックスも大事ですね!

そして、柔軟をしているT将とR君。

2_20170905190450888.jpg


…R君はあまりにも体が硬くて土下座にしか見えない(笑)


午後から、本日の指揮者片岡先生が管弦の方に合流。
この日もなかなかの気温・湿度であり、先生には体調すぐれない中、それでも熱心にご指導いただきました。
本当に感謝しかありません。


ここで、ちょっと懐かしい方が応援に来てくれました!
そこらのコの集合写真を撮ろうと思って「写真撮ってあげる!」って言ったのですが…
5_20170905190453d6d.jpg

まさかの千手観音(千本もない)+角(笑)

事前の何かをやろうかと企んでいるだろうN君の写真もちゃんと撮ってありますからね!(笑)
4_201709051904521db.jpg

仲の良さが伝わってきます(^^♪

リルトはなんと本日のコンクールのトリであります。
私はといいますと、本番前の緊張感のため、後半は写真を撮る余裕がなく…なんとも広報としてはお恥ずかしいですが(^-^;
後半は苦手な文章のみです!


今回の会場テルサにつくと、あまりの暑さにアイスを食べてる方々がちらほら。
みんな集合してチューニング室へ行き、チューニングと最後の確認。
リハーサル室に行くと、
「もういいですよね!あとは何かやっておきたいことはありますか?」と先生。
T将から「掛け声の練習を…」と。
半分冗談であったと思いますが、掛け声練習のおかげで緊張が取れた感じがしましたね。


本番はと言いますと、本当にあっという間で、
課題曲の1音がなった瞬間、
本当にみんなと1つになった感じがしました。
あーあ、終わっちゃったな…。

演奏後トリだったため写真撮影をぱっぱと済ませ、
結果発表。
今年は『銀賞』でした。
練習でやってきたこと100%ではないかもしれませんが、ちゃんと出せていたと思います。
でもやっぱりコンクールは難しいですね。
本会場で吹くのが当日のみというのも、もしかしたら難しかったのかも…とか色々要因はあると思いますが、結局のところ、今できる精一杯のリルトの演奏はできた。それに尽きます。

ということで、2017年のリルトのコンクールは終了しました。

楽器をお借りした五泉さん、運搬にご協力いただいた方々他、本当にたくさんの方のお力をお借りしました。ここで感謝御礼申し上げます。

最後に、自由曲で演奏しました木花之咲耶姫を作曲して頂いた片岡先生に、大会で指揮をして頂くというとても貴重な体験をさせて頂き、たくさんのご苦労もあったかと思いますが、本当にたくさん勉強させて頂きました。本当に本当にありがとうございました。

PageTop

第22回定期演奏会(木花之咲耶姫編)

今回、リルトは初の試みで委嘱作品を演奏しました。
ということで!団長に委嘱作品を演奏してみての感想を書いていただきました(*^^*)



K先生の「委嘱作品やりませんか?」から1年。
リルト初めての委嘱作品「木花之咲耶姫」が昨年秋に届きました。
音源の無い、楽譜だけから音楽を読み取り、音を紡ぎ出すことに悪戦苦闘しながらも、咲耶姫が舞い降りたような美しいメロディーと打楽器奏者の片岡先生ならではの、スケール感に感動しながら演奏しました。

音楽で出来たご縁を「音」にして、会場の皆様にお届け出来た瞬間を忘れられません。素晴らしい作品と時間に感謝です。

IMG_4259ブログ用

片岡先生!本当にありがとうございました!

PageTop

第22回定期演奏会(二部編)

続きまして
定期演奏会二部のブログです!



2部のスタート『HERO』です♪
ブログはSaxパートがお届けしますよー!!

22-サックス_R

『HERO』は木村拓哉さん主演の大ヒットドラマのメインテーマです。
ドラマを見たことがない人でも耳にしたことがあるのではないでしょうか?

軽快さと伸びやかさを併せ持つこの曲。
短いながらも難所がたくさんでした~

ドラマの名場面の数々を思い出していただけたら幸いです‼

さてさて、もっと色々なヒーローの曲が聴きたいなぁ。。。
トランペットパートさーん!!
他にヒーローっぽい曲ってある!?



Tp『あるよ』

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


トランペットパートtakuです。
2曲目は、「スーパーマリオブラザーズ」
を演奏しました!

みなさんお馴染みのゲームのBGMをメドレーでお届けしました。

遊んだことのある方はプレイした時の映像が頭に浮かんだのではないでしょうか⁈

私は当時スーファミや64で遊んだ記憶が呼び起こされ、大変楽しく吹くことが出来ました!
(水中ステージの曲で聞き入ってしまい、出そびれたのは内緒です‥)

演奏するのはなかなか大変でしたが、途中にゲームの効果音が入っていたりと遊び心溢れる面白い曲でした。



今回演奏したトランペットパートの賑やかな8名です!
22-Tp_R.jpg


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


こんにちは。ホルンパートです。
ちょうど一年前、前回の定期演奏会終了後のブログで、「ホルンパート団員大募集中です!」と書かせて頂いたのですが、その甲斐あってか‼︎この度、?年ぶりに新入団員を迎えることができました‼︎パチパチパチ
勿論、今回の演奏会にも一緒に出演しています♪新生ホルンの音色を皆さんにお届けできましたでしょうか。
そして、前回に引き続きお手伝い頂いた、お2人にも心よりお礼申し上げます。
さて。ホルンは、
「ジャパニーズグラフィティⅧ〜ウルトラ大行進!〜」
について書かせて頂きます。
この曲は、ご存知「ウルトラマン」の曲がメドレーになったもので、ウルトラマンシリーズ放送開始50周年を迎えたことで、最近様々な場所で演奏されているようです。個人的に、「50周年」という所に「私とウルトラマン、同世代だったのね〜」と勝手な親近感を覚えるのですが、ネット検索してみると「ホルン殺し」「ホルン好きにはたまらない」などと出てきて、どうやらホルンとの密接な関係が疑われます(笑)
なんといっても、ウルトラセブンで繰り返し登場するグリッサンド(パオ〜ン、てやつですね)が特徴的ですが、何せコレがツライ‥「ホルン殺し」とは良く言ったものだと感心します。
今回は、平均年齢高め(笑笑)のリルトホルンが、自らの生命を削って吠えました。その雄叫びが、皆様の心に届いていれば嬉しいです(*´ω`*)
最後になりましたが!ホルンパートは、まだまだ団員大募集中です‼︎
一緒に、雄叫びをあげてくれる勇者を、心よりお待ちしています♪♪♪
22-ホルン_R


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



Trbパート ツナマンこと(←もう知らない人いるんじゃないかなぁ)KKSKです。

2部ステージ4曲目は、
『坂本九コレクション』
「見上げてごらん夜空の星を」
「上を向いて歩こう」
「明日があるさ」
の3曲をメドレーにした作品です。

どの曲も素晴らしい曲ですが、中でも「上を向いて歩こう」は個人的にとても大好きな曲です。原曲の途中に出てくるトロンボーンのハーモニーと、合いの手となる連符の8分音符が同じ様にアレンジされてました。そこがとても大好きなのです。(全て原調でのアレンジだそうですが)ちょっとムーディーな音色でメロディーに花を添えるそれが大好きなのです。そんな響きで吹けてかな??
そしてトロンボーン吹き的には「明日があるさ」が転調していく度に出てくる「ウ~~ィ~~ン」というグリッサンドがとってもオ・イ・シ・イ!!たまらな~い!!!
演奏していてとても幸せな気持ちになりました。また機会があれば是非演奏したいです。
昭和の名曲万歳\(^o^)/
22-TB_R


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


パーカスSZKですッ(*´ー`*)

第2部のラストを飾ったのは この
『Mr.インクレディブル』♪
変拍子銀座(笑) で なかなかリズムが身体にはいっていかなくて 苦労しましたが 慣れてきたら こんな楽しいリズムないッ!ってほど ノリノリになっちゃうカッコいい曲ですッ♪
(~▽~@)♪♪♪

『ミッションインポッシブル』♪に 似ていたので 「スパイ★ストーリー」かと思って叩いていましたが 「ヒーロー☆ストーリー」だったんですね~ッ(^。^;)
あっ……今回のリルト テーマは『ヒーロー』でした( ̄▽ ̄;)

ビブラフォンの超カッコいいソロ! 小物楽器たちの 可愛い控えめのソロ(笑)♪ 聴こえましたか? 小物楽器って かな~り緊張するんですよ(笑)

今回も 片岡先生にいろいろ指導して頂き贅沢な時間を過ごさせて頂きましたッ(*´ω`*) 休憩中も パーカスのために いっぱい楽器と奏者のメンテナンスして頂き ありがとうございました!! 幸せ過ぎますッ(///ω///)♪
それに 2人しかいないリルトパーカスを めっちゃ豪華にしてくれた エキストラの皆様ッ(#^.^#)
本当にありがとうございましたッ♪
とっても とっても! 楽しかったですッ(*´ω`*)


IMG_2728_R.jpg

ひぐりんの前にあるのは 大判焼き(アンコ入り)では ありませんよッ(笑)
木鉦 っていう仏具ですが りっぱな打楽器ですッ(* ̄ー ̄)☆


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


22-ていおん_R

第22回定期演奏会!締めのアンコールの紹介は低音パートへーま(右から2番目)がお送りします!
今回はアンコールを2曲演奏しました!

~恋はあせらず~
爽やかで軽快な雰囲気の曲で、ドライブ中に掛けたらカッコよさそうです!
低音(ベースライン)的には、ち密な安定性と裏拍のセンスを問われる非常に難しい曲でした…
CMでよく使われているので、きっと皆さんもどこかで耳にしたことがあると思います
僕も、タイトルだけでは「?」でしたが、演奏してみて「あ~これか」となったクチです笑
実はとっても昔の曲で、オリジナルは1966年(!)にスプリームスが発表しました
僕にとっては歴史の教科書の中の出来事ですが、以降もフィル・コリンズを始め沢山のミュージシャンにカヴァーされ、
現在でも世界中で愛される名曲です
ごくごく最近では、昨年16年ぶりに完全復活したHi-STANDARDがカヴァーしていますが、
YouTubeでそのMVが公開されているので、スプリームス世代の方も、フィル・コリンズ世代の方も、ぜひ聴いてみてください!

~ありがとう~
言わずと知れた、いきものがかりのヒット曲のひとつです!
演奏会に来ていただいた皆さん、日ごろ私たちを支えてくださる皆さん、そしてリルトへの「ありがとう」を籠めて演奏しました!
この曲でのチューバの役割は、まさにゲゲゲの女房のように、エレキベースにそっと寄り添って支えるイメージです笑
イマドキの若者にとっては、卒業式で歌った思い出深い曲だったりするのでしょうか?
卒業、といえば今年の初め、いきものがかりが「放牧宣言」ということで個人での活動を重視するという発表をされましたね
メジャーデビューから数えても10年以上、一緒に活動しきた仲間と一旦離れるという決断は簡単なものではなかった思います
しかし、あえて「放牧」という言葉を使い「いきものがかり」が帰ってくる場所であるということを強調されていました
私たちも、団以外に家庭もあり仕事もあり、常に音楽だけを優先することができないこともあります
それでも、みんな音楽が大好きで、ここに集まっています
そんな仲間や、いつも演奏会に足を運んでくださる皆さまにとって、
「シンフォニック・アンサンブル・リルト」が帰ってくる場所であり続けられたらいいな、と思っています!
これからも私たちをよろしくお願いいたします!

PageTop

第22回定期演奏会(一部編)

広報MIです。

大変遅ればせながら…
2月26日は新潟市音楽文化会館ホールにてリルトの第22回定期演奏会でした。

ご来場いただいた皆様、祝電・お祝い等をくださった皆様、一緒に演奏してくださったエキストラの皆様、演奏会を支えてくださったスタッフの皆様、リルトをご指導いただきました河本先生、リルトのためにすばらしい委嘱作品を書いてくださいました片岡先生。

本当にありがとうございました。
皆様のおかげで演奏会を無事終えることが出来ました。


今回のプログラムは…
一部 
・歌劇「イーゴリ公」より だったん人の踊り
・祝典のための行進曲「ビバ!シュガーロード」~長崎街道筑前六宿開通400周年行進曲
 ・木花之咲耶姫~吹奏楽と打楽器群のための神話
二部 
 ・HERO~Main Title 2014~
 ・スーパーマリオ
 ・ジャパニーズ・グラフィティーⅦ~ウルトラ大行進~
 ・坂本九コレクション
 ・Mr.インクレディブル
アンコール
 ・恋はあせらず
 ・ありがとう

を演奏しました!

今回演奏しました曲について各パートからコメントを頂きました。
(委嘱作品については団長の方からコメントを頂いています。別ブログにて掲載させていただきます!)
まずは一部編から(^^♪


演奏会のオープニングを飾る曲は
「ダッタン人の踊り」です
そしてこの曲についてはオーボエ・フルートパートが担当しますヽ(*>∇<)ノ♪

まずはみなさんの感想をどうぞ

.:♪*:・’゜♭.:*・♪’゜。.*#:・’゜.:*♪:・’.:♪*:・’゜♭.:*・♪’゜。.*#:・’゜.:*♪

憧れのダッタン人!
吹奏楽でやれるとは思っていませんでした。
難しくて大変でしたが、この曲に挑戦できて良かったです!
久しぶりにイングリッシュホルンも吹けて楽しかったです(*^^*)
(AB)


ソロが合奏で練習通りに出来なかったり、うまく練習時間が作れず辛くなったときもありましたが、作曲者のボロディンのことを知ってから、この曲が好きになっていきました。
ボロディンは、本業は科学者の、自称“日曜作曲家”。作曲者も、社会人として楽器を続ける私達と同じような悩みを持っていたのかも…!と親近感を感じ、彼もその中で頑張ったなら、私も頑張ろう、彼の音楽を表現したい、と思うようになってから、少しずつですが自分の音も変わっていきました。
音楽を演奏することの辛さと楽しさ、楽しんで表現しようとすることの大切さを強く感じさせてくれた曲でした。
(WR)


ダッタン人…
チャレンジさせていただきありがとうございました
だいぶ練習したと思う、けど歯が立ちませんでした、途方に暮れた時にパートに力を借り随分救われました
ダッタン人の合言葉はフルート総力戦になりました!
次の大曲はリルト総力戦を目指したいですね☆
(H2)


ダッタン人は手強かった💧
音符をさらうだけで、その先には進めませんでした。無念…

夜な夜な、フルートとメトロノームを取り出し、音を出さず、ヒューヒューと息の音で、テンポ100から1メモリづつ下げ、転んではまた戻しの繰り返し。テンポ200までの道のりは遠かった!

いつか、リベンジを。
…その頃は、もう年で指がついていきませんね…きっと(笑)
(hsne)


とにかく必死だったダッタン人!
本番カチカチで、思うようにはいかなかったけど、皆で協力しながら、頑張りました☆
どんな曲でも、どんな調でも、もっと素敵に歌えるように、精進します!!
(こばな)


ダッタン人は連符苦手な私にとって、難曲でした。
その一方で綺麗な旋律、掛け合いがとてもやりがいがありました。
イメージを共有する、同じ方向を向くって難しいことですが、今のリルトの課題はそこかなと勝手に思っています。
課題はいっぱい、でもまたやってみたいリベンジ曲です。
何年後になるかは分かりませんが、レベルアップして絶対素敵に吹きたい!
リルトのメンバーで!!
ありがとうございました。
(ぴー)


以前から、いつかやってみたい!と思っていた大好きな曲だったので、今回の演奏会でやることが決まったときはとても嬉しかったです。
でも、実際に楽譜を貰ってみると連符だらけで相当手強く、無理……と呟きながらカラオケに籠って練習しました(><)
本番は上手くいかなかったこともありましたが、なんとか最後までやりきることができホッとしています。
大曲に挑戦できとてもいい経験になりました!
(MT)


楽譜をもらって楽譜の量、音符の数に驚きました。
正直なんでこの曲なの…と何度思ったことか(^^;;

その度に『練習だけが舞台で私を自由にしてくれる』という友人の名言を胸にひたすら楽譜とフルートと向き合いました。

この曲の練習を通して、改めてフルートを吹くことの楽しさを覚え、まだまだ成長できると感じました。
たくさん大切なことを教えてくれたこの曲に感謝します!
(フルさと)


.:♪*:・’゜♭.:*・♪’゜。.*#:・’゜.:*♪:・’.:♪*:・’゜♭.:*・♪’゜。.*#:・’゜.:*♪

いかがですか?感想が真面目!

フルート・オーボエパートが今回の演奏会に取り組む姿勢はみんなストイックでした。

家で、カラオケボックスで、公民館で、車の中で、仕事中にも?その他いろんな場所で練習や音楽のことについて考え、真剣に取り組みました。

個人ではなく、パートでひとつとなり、セクションで一丸となり、全体で一体となりました。

きっと演奏中はみんな音楽が楽しいと思いながら吹いていたと思います。
演奏後にウルウルしていたのは私だけではないはず。


写真は片岡先生と╰(*´︶`*)╯♡

22-Fl_R.jpg


打ち上げで聞いたお話によると委嘱作品の木花之開耶姫とはピッコロのことをイメージして作ってくださったそうです♪

私達の熱い想いと先生に負けないほどの強い眼差し(眼力⁉︎)が届いて一同感動しております!



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



2曲目は『祝典のための行進曲 「ビバ!シュガーロード」』
クラリネットのマダムYです。
長崎街道のうち福岡県内を通る「筑前六宿」が平成24年(2012年)に開通して400年を迎えたことを記念して、飯塚市出身の片岡先生が作曲した行進曲です。シュガーロード…本当にある道だとは思いませんでした。美味しそうなスイーツがたくさんあるようですよ。一度は行ってみたいなあ。スイーツ食べに!

今回の演奏会、クラリネットは最前列でした。最前列って先生の指揮が見にくいし、後ろからの圧力がすごい!前を見るとお客さんが近い!フルート・オーボエパートの気持ちがよ~くわかりました。
いつもと違う環境でクラリネットチームは戸惑いながらも吹き切りました。

1年ぶりに片岡先生からご指導いただき、やっぱり作曲した先生から直接って凄いと思いました。今までやってきた曲が生き返ったようにどんどん変わって、違う曲のように輝きました。
クラリネットにとって“おいしい”ところは、爽快に気持ちよく演奏できました。観客の方から「いい曲だね」と言われた時は嬉しかったですね~♪
お忙しい中ご指導いただいた片岡先生、河本先生、貴重な体験をさせていただき有難うございました!

クラリネットではメンバーを募集しています。ぜひ一緒に吹きましょう♪
楽しいですよ~♪

22-クラ2_R

22-クラ1_R

PageTop