FC2ブログ

リルトの練習日記

シンフォニック・アンサンブル・リルトの練習日記です

練習日記(11/26)

すみませんが、皆川です。
皆川は途中参加だったので、何曲かできないかなーなんて思ってましたが。
20時半頃に到着したら、1曲目をやってました。
良かった。

出席状況は、Flが5名、Obが1名、Clが5名、Saxが4名、Tubaが1名、Euphが2名、Hrが2名、Tbが4名、Tpが2名、Percが4名。
男性8名、女性22名、合計30名でした。
指揮はいつもお世話になっている先生にお願いしております。

1曲目、D。
ゆっくりのテンポで。
響きに力を入れながらたっぷり息を入れながら、更にテンポがゆっくりなものですから、管楽器の皆さんにおかれましては大変体力の消耗する内容だったとお察しします。
このテンポでの練習を、響きが綺麗になるまで縦の線が揃うまで繰り返しました。
テンポを少し上げて(BPM=108)、先ほどの響きや縦の線の揃い具合を維持しながらまた繰り返し。
テンポが上がると息は楽になりますが、力を抜かないように注意が必要です。
体力が削がれた状態でも、たっぷりと息を入れて綺麗な響きを作る。
容易ではありません。
その間、PercはB.D.が拍の頭を、S.D.が8分音符をひたすら叩きました。
皆川は座ってました。
なんか、すみません。

2曲目、U。
これはくせものです。
細かい音がたくさんありますが、これらが聞こえないのは良くないそうです。
この原曲を歌っている方は演歌に近い歌い方ですが、ポピュラー音楽らしい吹き方にしましょう、と先生。
伸ばす部分は、たっぷりと音を伸ばしましょう。
スウィングする部分からは、タンギングの発音を"T"ではなく"D"で。
「ダバダバ~」と厚みを持たせるイメージでしょうか。

今日の様子のコーナーはお休みです。
何枚か撮ったのですが、何せ片付けが完全に終わった後でしたし、半分以上の方が帰られてしまった後でしたので。
それでは、オフ日記に参ります。
おやすみなさい。

PageTop