FC2ブログ

リルトの練習日記

シンフォニック・アンサンブル・リルトの練習日記です

ホール練習:7月21日

こんばんは HRS嫁です
私のブログも5回目? こうしたほうがいいよーとかこんな内容書いてほしいとかあったらぜひぜひ教えてくださいね!

さて、今回のブログはいつもとは練習場所を変更してホールで行いました。
普段は練習室ですが、本番に近いステージで演奏することで音の響きやバランスを聞いて調整をする大切な練習です。


まずは舞台設営から
IMG_0140.jpg
一番のりのABちゃん 16時からスタンバイ!さすがです!!
HRS家とS木くんの4人でスタート

IMG_0141.jpg
地味に重い・・・ これがひな壇になります

続々と人が集まってステージ組と打楽器組に分かれて準備。
幾度となく練習しているホールなので、みなさん手際がいい!!
あっという間にステージ完成です
IMG_0142.jpg

みんなが音出しをしている間、一人客席からステージを見守るTNBさん
IMG_0143.jpg
見えるかな~? 真ん中の緑の人。ぽつーん
広さを感じてください。

IMG_0144.jpg
ステージに人が座るとこんな感じ。
ここから練習が始まったので写真は一切ありません^^;

ぜひ楽譜を用意して文章と録音(団員のみ)を併せてお楽しみください。
ただし、録音だとTNBさんの声がほとんど聞こえないと思います。
TNBさんの声中心の録音はHRSが持っているのでご希望の方は教えてください。

基礎練習
・ギョウザビーム~バランス(足バタバタ)~ハーモニー~リズム
・音が会場全体に響いていない。「どーん!」とくるような響きで、下向きにならないように。
・本番や曲のときだけじゃなくて、いつでも本気の音を出す



《課題曲》

・全体的に木管特にFlとClが聞こえないようです。思いっきり吹き込みましょう
・14のFl・Cl聞こえない。mpではなくてfで!
・14のA.Cl・B.Cl・sax・Tbは2拍目の裏からビートが聞こえる程度で音を張らない
・A’~金管のバッキングは軽く
・A’~木管のメロディは大きくハーモニーは寄り添うように。テンポを引きずらない
・37の3拍目から入る人はリズミカルに特に39は遅れない。

~この辺りでTNBさんが客席との行き来ですでに息切れ状態でした(+o+)~

・49.50のsax・A.Clははっきり大きく。メロディは4拍目の休符できっちり切る
★53(E)の入りは指揮を振ることになりました!
・62~のメロディとCl.Saxは対話になっているので、後から入る人たちもしっかりと吹く
・87~伴奏は軽く。メロディが負けてます><
☆とにかく元気よく!前向きに!


 ~休憩~


《自由曲》

・12の低音はブレーキがかからないように
・28~木管のハーモニー目立ちます!!
・47~Tpのメロディを引き立たせるようなハーモニーにする
・62.63の16分音符は明瞭に
・64~木管 全部力んで吹くのではなく、>に重心を置く
★102~指揮をよく見ましょう!!
・122~低音メロディはっきりと大きく
・130~木管の連譜聞こえないので、下がるほど息を吹き込んで大きく!

 ~休憩~

・33~、102~のバランスはOK もっと息を吹き込んで豊かな音で。
・149~テンポは変えずに遅くならないように。特に音が重なってくるとテンポが緩んできます
・O~ メロディが重なるところは入りを丁寧に。ブレスを同じ所でとらないように
・210~音量ではなく、がっちりした音で。今回は新語録『オーラ』!!フォースに反応する人も数名(笑)
・210~メロディ遅れるので♪を感じて
・221からはTpがメロディです
・225~メロディ 堂々としたファンファーレのイメージで



TNBさんが客席で指揮を止めても吹き続けている…そんなことが何回かありましたね。
理由はお気づきだと思いますが、指揮を見れていないから。
たいぴん君がよく言っていましたが、指揮者が目に入るような譜面台の高さにするなど、工夫をしなければいけないと思います。
録音を聴いていても縦が合わないことが多いですが、それを解消するには「指揮を見る」これに限ります!

私もできていないのであまり言える立場ではありませんが^^;
演奏者が指揮者を見ればきっと指揮者も演奏者にアイコンタクトをくれるはずです!
  ね、TNBさん(^^)


明日は久しぶりの木曜日練習があります。
合奏できるかは人数しだいですが、おそらく貴重な個人やパート、セクション練習の時間になると思います。
1時間だけでも、30分だけでも、来られる方はお待ちしています!

PageTop