FC2ブログ

リルトの練習日記

シンフォニック・アンサンブル・リルトの練習日記です

練習日記:5月16日

ご無沙汰しております!チューバパートのへーまです!
今回の練習日記を担当させていただきますm(_ _)m

今回のテーマは、ずっと課題となっている「タンギングに頼って発音してしまう」ことについてです

20150516_1

先生による解説


自分の知識量ではなかなか解決できそうになかったので、
久しぶりに管楽器奏法の本を掘り出して少し考えてみました
その中でこれは面白いな、というエクササイズを見つけたので、
「金管楽器奏法革命  ~出せなかった音が出る~」村松 匡(2010)
よりご紹介します

ティッシュペーパーを1枚、顔の前に用意して、
①日本語的な発音で「タイム」と言ってみる
②ネイティブっぽい発音で「Time」と言ってみる

いかがでしょうか?おそらく、②のほうが大きくティッシュペーパーが動いたのではないでしょうか

合奏の中でも時々話題に上がりますが、日本語は外国語に比して子音の発音時に使われる息の量が少ないそうです
このエクササイズを通して、そういう傾向がある、ということを体感した上で自分の発音を振り返ってみると、
また新たな発見があるかと思います
皆さんも是非試してみてください!


あと、最近面白いCDを買ったのでここでご紹介します!

20150516_2


「KOPPRASCH:60 Selected Studies for TUBA」
同名の有名なエチュード、コプラッシュを日本のプロ奏者の方が演奏したCDです
かねてからこんなCD欲しいなあ、と思っていたのですがいつの間にか実現していました!
各曲の演奏上のポイントを解説するブックレット付きでとても勉強になります
他の楽器のものもあるようなので、気になった方はぜひチェックしてみてくださいね!

http://www.bitmap.co.jp/b-music/
(回し者ではありませんよ)

また面白いものを見つけてはこちらでご紹介していきたいと思います!へーまでしたm(__)m
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する